スペックにも注目して選ぼう!

法人向けPCは業務に差し障りのないスペックが必要

法人向けのPCは、一般的にワープロや表計算のオフィスソフトを中心に使用するため、高い処理能力は必要ないと思われています。確かに、ゲーム用PCのようなグラフィックボードやオーバースペックな8コアのCPUは必要ないといえます。しかしながら、PCがあまりにも起動が遅かったり、フリーズが多発したりした場合には仕事量のロスにもなりかねません。そのため、一般的に標準とされる程度のスペックを持ったPCが、法人向けPCとして必要十分なものだと考えられます。一般的には、4コアの標準的なCPUと8GB程度のメモリ、256GBのSSDなどを搭載しているPCが法人向けPCとして、従業員にとってもストレスフリーなPCのスペックだといえます。

標準レベルのスペックが法人向けPCに必要十分な理由

標準レベルのスペックのPCは、大手の個人向け販売のものだと10万円をオーバーします。また、カスタマイズできる販売所のPCでも、満足のいくオプションを付けた結果、10万円はオーバーすることがざらです。ただ、法人向けPCの場合、販売形式が個人向けと違うためコストが抑えられ、個人向けよりも安く提供できる場合が多いです。標準レベルのスペックのPCを勧める理由としては、業務の円滑性にとって必要十分なことだけではなく、コストパフォーマンスの良さもあります。PCは、約5年で替えどきだとよく言われますが、低スペックのPCだと早い段階で動作が遅くなり、早い段階で使いづらくなってしまいます。そのため、標準レベルのスペックのPCを購入するのが、法人向けでは必要だといえます。