法人パソコンの選び方

会社で使うパソコンというのは、家で使う物とは使用目的が変わります。仕事で使うとなると、必要な機能やソフト、スペックも変わってきますよね。では、実際どういったパソコンを選べば良いか気になる所です。どういうポイントを見て選べば良いのかご紹介します。

どういった機能がついたものを選べば良い?

一般的に家電量販店などで扱っているパソコンは、家庭用に作られています。決して駄目ではありませんが、法人用には向いていないので避けておくに越したことはありません。理由は、余計な機能がたくさんついてい…

法人パソコンっていくらくらいするの?

法人向けのパソコンは家庭用のパソコンと比べて、会社で利用するために特殊なパーツが取りつけられているということはありません。むしろ、ゲームプレイを前提としていないのでグラフィック関係の性能は抑えられ…

スペックにも注目して選ぼう!

法人向けのPCは、一般的にワープロや表計算のオフィスソフトを中心に使用するため、高い処理能力は必要ないと思われています。確かに、ゲーム用PCのようなグラフィックボードやオーバースペックな8コアのC…

ビジネスパソコンの導入を円滑に進める工夫

ビジネスパソコンは業務の効率を向上させる目的で導入するものなので、必要な機能だけを搭載したカスタマイズ品を選ぶことが大切です。また、同じ機種を纏めて用意するのが導入を円滑に進める工夫になります。

省エネ法

パソコンの設定で省エネはできる?

省エネしやすいのはどんなパソコン?

省エネするために気をつけたいポイント!

パソコンの電力は意外と高いもの

パソコンの電力とは、意外と高いものとなっていますので、省エネ対策をするだけでも大きなコストカットをする事が出来るようになります。通常のパソコン操作では、ちょっとした時間、パソコンから離れる場合にそのまま放置している事も多くなります。それがパソコンの電力が高くなる原因でもあります。 パソコンは現在では仕事に必要不可欠なものとして扱われていますので、どうしても必要な場面は出てくるもの。その中で、しっかりと省エネを意識して、節電をしていく事によって多くのメリットもあるものです。 これからは環境問題やコストカットなど、省エネを意識しないといけない時代になりましたので、パソコンの電力にも注意をして扱っていく事が大切です。

パソコンの省エネは簡単に行える

パソコンの省エネとは、誰でも行える簡単な方法となっていますので、実践していく事によって、省エネを意識していく事が出来ます。そうする事によって、様々なメリットもあるものです。 パソコンの電力を使っている大きな場面は、やはり電源を入れている事にあります。そのため、ちょっとした時間だけ席を外す場面でも、パソコンをスリープモードに入れておくだけで、省エネを行う事が出来ます。勿論、スリープとなりますので、すぐに元の画面に復帰する事が出来ますので、仕事に支障はありません。また、長時間の離席の場合にはシャットダウンをしておく事が重要です。これはパソコンの寿命を延ばすためにも必要です。 スリープモードと、シャットダウンを上手く使う事で省エネを行えます。